中曽根康隆 Official Site | Vision
22270
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-22270,ajax_fade,page_not_loaded,,select-child-theme-ver-1.0.0,select-theme-ver-1.9,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.4,vc_responsive
 

私の想い

「後世に何を残したいか。どんな日本を描いていくか。」

この大きすぎる責任に真正面からぶつかっていき、少しでも我が国に恩返しをしていきたい。

戦後、焼野原からの奇跡的復興を成し遂げた我が国は経済大国となり、世界にその存在感を示し、物質的にも大変豊かな国となった。

しかし、これは過去の栄光であり、現在、我が国が置かれている状況は大変厳しい。冷戦体制が崩れて各国が独自の道を模索している中で、日本は漂流し、今後進むべく国家像もなく、外交、経済、教育等々様々な面で難題に直面している。

また「少子化」、「高齢化」、「労働人口減少」の波はますます大きくなっている。これらは世界で初めて日本が直面している深刻な問題である。この波を受けて「日本発・世界初」の、これからの時代に即した、高齢者も子供達も安心して暮らしていける持続可能な制度を確立する事が急務である。

この様な厳しい状況だからこそ、今一度国民が一体となり「強く、豊かな日本」を再構築しなくてはいけない。物質的な面だけでなく、我が国に脈々と受け継がれている歴史・伝統・文化をベースとした誇りある国を作っていかなくてはいけない。

我々には今後の日本を担う次世代の若者たちに対して、少しでも良い環境、国を残す義務がある。先輩方から受け継いできたものには、正の遺産と負の遺産があるが、我々の使命は、この正の遺産を更に大きなものにして次の世代に引き渡し、負の遺産を我々の世代で消し去る努力をする事である。

日本をここまでの経済大国・平和国家にしてくれた先輩方に感謝し、これをより良い形にして次世代に残していきたい。その架け橋として全力で精進していく所存である。

sign